神インキャラ速報

話題のニュース、出来事を毎日お伝えします。

    2023年10月


    将来の不測の事態に備えるために、今のうちにしっかりと預金しておくことをおすすめします

    1 ばーど ★ :2023/10/31(火) 08:05:02.77 ID:QC6VNEHN9
     共通ポイント「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティマーケティング(東京)は26日、冬のボーナスの使い道に関する調査結果を公表した。使い道を複数回答で聞いたところ、「貯金・預金」が10年連続で1位となり、消費者の根強い節約志向が浮き彫りになった。一方、ボーナスが「支給されない・分からない」とする回答が47・0%と過去最高だった。

     調査は2014年に開始し、今年は9月28~30日にインターネットで実施した。ポンタの会員で、アンケートモニターサイト「ポンタリサーチ」に登録する20~60代以上の3000人が回答した。

     ボーナスの使い道として「貯金・預金」と回答した割合は34・5%で、「宿泊を伴う旅行」が6・7%▽「ふだんの食品」が5・5%――と続いた。「貯金・預金」と回答した割合は過去最低だった。年代別では20代は40・7%(昨年調査46・5%)、30代は44・2%(同48・0%)と特に若年層の減少が目立った。

     一方で、そもそもボーナスが「支給されない・分からない」と回答した年代を見ると、若年層が増加。20代では41・5%(同38・7%)▽30代は38・0%(同34・0%)だった。

     同社の担当者は「20~30代で、ボーナスが支給されるかどうかが分からないとする回答が増える中、使い道として『貯金・預金』を選ぶ割合が減ったのでは」と分析している。

     世帯あたりのボーナス支給額は20万~40万円未満が22・7%が最多で、次いで20万円未満が21・0%だった。支給金額の半分以上を「預金・貯金したい」人は54・3%だった。【松岡大地】

    毎日新聞 2023/10/30 19:33(最終更新 10/30 19:33)
    https://mainichi.jp/articles/20231030/k00/00m/020/223000c

    【冬ボーナスの使い道、1位は貯金・預金 10年連続、節約志向強く】の続きを読む


    メールやチャットの方が、時間をかけて要件を伝えることができるので、確認漏れも少ないですし、自分のペースで進められるので安心感があります。

    1 🏺@BFU ★ :2023/10/30(月) 22:09:05.26 ID:CsKm6iWq9
    若い社会人の実に7割以上が、「電話は怖い」と感じていることが調査で明らかになりました。電話で話す機会は以前より随分減りました。その影響でしょうか。スタジオで詳しく見ていきます

    実態調査で判明 若者の7割以上が「電話が怖い」
    良原安美キャスター:
    仕事の用件を伝えるとき、電話よりメールやチャットを使う方が多いんじゃないでしょうか?そんな中、若い社会人の実に7割以上が「電話が怖い」と感じていることが明らかになりました。


    こんな調査があります。電話業務に関する実態調査です。全国20歳以上の社会人560人を対象に行われました。そのうち、「電話が苦手」と答えた方が57.8%となったんです。さらに、20代は74.8%が「電話は苦手」というふうに答えました

    “電話が怖い”理由は?
    なぜ「電話が怖い」のか、まずは若い方中心の意見です。(Nスタ調べ)

    男性(38)
    「LINE・メールに慣れている。電話の着信にドキッとしてしまう」

    女性(24)
    「仕事でもプライベートでも電話はしません」

    女性(24)
    「電話がかかってくると時間を取られてしまう」

    男性(23)
    「電話が長いと業務に支障が出る」


    そして、もう少し上の世代、40代・50代の方の意見も聞いています。

    男性(44)
    「電話番は新人の仕事だった。鍛えられました」

    全文はソースで
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/25263562/

    【若者7割「電話が怖い」仕事の要件を伝えるとき電話よりもメールやチャット】の続きを読む


    献血への協力を要請されるが、決定は献血者の意思が優先される。通常、成分献血が可能であれば成分献血を勧められ、不可能な場合も400mLが可能であれば400mLを勧められる。成分献血で血小板献血・血漿献血の別は、献血者に知らされないこともある。学校や会社などによる献血の場合は、全血献血が行われることが多い。…
    56キロバイト (7,684 語) - 2023年10月22日 (日) 00:16
    若者たちに負担をかけないように、献血活動をより身近に感じられるような取り組みが必要だと思います。

    1 ばーど ★ :2023/10/30(月) 09:06:29.54 ID:sFwpVLRb9
     2022年度に献血をした30代以下は167万人で、12年度の251万人から約33%減となり、若年層の「献血離れ」が続いている。この傾向が変わらなければ将来、輸血用血液の供給が不安定になる懸念もあり、厚生労働省と日赤は、早いうちから献血に関心を持ってもらおうと小中高生や大学生への啓発活動を強化している。

     献血可能なのは16~69歳で、日赤によると22年度の総献血者数は501万人。うち10代は22万人、20代は70万人、30代は75万人だった。10年以上前から総数は500万人前後で推移しており、若年層の減少分を40代以上が支えている状態だ。

     献血で集められた血液は、大半が50歳以上の医療に使われる。今後は少子高齢化で血液の需要が増す一方、献血に協力する人が減ることが懸念されている。

     献血バスが高校に出向く学内献血の減少が背景の一つで、30年前に6割ほどだった実施率は学校方針の変更などで2割前後まで減った。献血に触れる機会が十分ではなかった世代は、成長しても積極的に献血へ行く人は少ないとみられる。

    共同通信社 2023/10/30 05:47 (JST)
    https://nordot.app/1091459570077319499

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    【30代以下の献血率が10年で3割減少!若年層の献血離れの理由とは?】の続きを読む


    サザエさんの交代といえば、いつも寂しさと期待が入り混じる感じがします。

    1 jinjin ★ :2023/10/30(月) 07:24:09.51 ID:xDmKoge09
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e03dcdadf566cefc91bb7ea5de4d36e7419ca454

    『サザエさん』花沢さん役・山本圭子の最後のセリフは笑顔で「アハハ」


     テレビアニメ『サザエさん』(毎週日曜 午後6時30分~)が29日、フジテレビで放送された。花沢花子役(花沢さん)が声優・山本圭子(80)から渡辺久美子(58)へ交代することから、この日の放送回が山本の最終出演となり、最後のセリフは笑顔で「アハハ」となった。

     1969年10月5日に放送がスタートし、来年10月に55周年を迎える『サザエさん』。「磯野く~ん!」と大好きなカツオを追いかけるシーンが印象的なキャラクター・花沢花子だが、長年同役を務めた山本の声優交代は、本日29日早朝にフジテレビから発表された。

     また、同局は「山本さんが(同役を)何年務めたかについては、詳細な資料がなく記録が残っておりませんでした」とし、山本が長年、視聴者へ“花沢さんボイス”を届けてきたと説明した。

     山本の花沢さん役としての出演は、この日放送されたエピソード「穴子さんの丹前」がラストに。物語は夕飯時、マスオが丹前を着て、茶の間に現れるところからスタート。

     実はその丹前は、マスオの母の手縫いなのだが「母親からというと着なさそうだから」と頼まれ、サザエが縫ったことにしていた。翌日、会社でマスオが丹前の話をすると、穴子から「ぼくにも作ってくれないか」と頼まれる…ストーリーが展開された。

     そんな中でサザエはまず、穴子の丹前を作る前にカツオの丹前を試作品としてカツオの丹前を作ることに。そして、花沢さんが登場し「早く見たいな~、丹前を着た磯野君!」とニヤニヤ。

     そして、カツオの丹前姿のお披露目会が行われ、カツオは「こんな姿誰にも見られたくないよ…」と嘆く中、花沢さんが登場し「わ~! 見ないで!」と顔を隠すような仕草で照れ。

     タラちゃんから「亀さんみたいになったです!」とイジされると、サザエさんたちと一緒に花沢さんは「アハハ」と笑っていた。

     なお、後任となる渡辺が演じる新しい花沢さんは11月5日放送の「主婦のいない日曜日」からとなる。

     山本の代表作はアニメ『ちびまる子ちゃん』山田笑太役、『天才バカボン』バカボン役、『ゲゲゲの鬼太郎』砂かけ婆役、『ひみつのアッコちゃん』チカ子役、『おそ松くん』チョロ松、カラ松役などを担当している。

     渡辺の代表作はアニメ『ケロロ軍曹』ケロロ役、『あたしんち』母役、『ぼのぼの』ぼのぼの役、『犬夜叉』七宝役、『爆走兄弟レッツ&ゴーMAX』一文字豪樹役、『機動戦士Vガンダム』カテジナ・ルース役などを務めている。

    【【アニメ】『サザエさん』、花沢さん役・山本圭子の最後のセリフは笑顔で「アハハ」 来週から後任の渡辺久美子に交代 [jinjin★]】の続きを読む


    このような事故が起きたことで、クマとの共存は難しいのではないかと思います。

    1 ばーど ★ :2023/10/30(月) 07:37:20.43 ID:sFwpVLRb9
     全国的に人がクマに襲われる被害が相次ぐ中、今年6月にツキノワグマに引っかかれて右目を失明した島根県邑南町宇都井の70代男性が、山陰中央新報社の取材に応じ「ものすごい速さと力だった。かまれないよう必死だった」と恐怖の瞬間を振り返った。

     男性は6月16日午前5時に自宅裏の畑で野菜を収穫していた。宇都井地区は山あいに民家が立ち並ぶ地域で、畑の先にやぶが生い茂る山がある。

     コツンコツン-。何かをたたくような小さな音がした。「鳥だろうか」。耳を澄まし音の出どころを探ると、やぶの中からだった。やぶまで2~3メートルの距離に近づき、音の原因を確かめようとすると突如、大きさ1メートルほどの黒い物体が飛び出し覆いかぶさってきた。

     目の前に牙が生えた大きな口を広げていた。「クマだ」。自分の頭が強い力で引き寄せられた。「かまれたらおしまいだ」と必死で押し返した。頭部や腕、脇腹をひっかかれながらも、クマが離れた隙に自宅に逃げ込んだ。右目に大けがを負っていた。

     男性は10日間入院し右目の摘出手術を受けた。地元の猟友会会員でもあるが、利き目を失ったために猟銃は使えず、銃砲所持許可証を返納した。日常生活でも距離感や段差が分かりにくく支障を来している。

     「まさかクマだとは思わなかった。今でも畑仕事が怖い時がある」と脳裏に焼き付いた恐怖を語る。

     「クマを駆除するな」という意見もあるが、男性は襲われて失明。県外では命を落とした人もいる。「被害がある地域の実情を知ってほしい」と訴えた。

    10/29(日) 17:30 山陰中央新報
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a700b9227473001cec7cb88c5dd762cd55e0c9a5

    【【悲報】クマに襲われ、男性が右目失明 駆除反対の声に「実情を知ってほしい」】の続きを読む

    このページのトップヘ