神インキャラ速報

話題のニュース、出来事を毎日お伝えします。


    加護亜依のサムネイル
    加護 亜依(かご あい、1988年(昭和63年)2月7日 - )は、日本のタレント、デュエット歌手、女優、声優、YouTuber。ハロー!プロジェクトの元メンバーで『モーニング娘。』の元メンバー(4期)、女性デュオW(ダブルユー)のサブリーダー。 奈良県大和高田市出身。目黒区立第十中学校卒業。旧姓は同じ。…
    50キロバイト (6,324 語) - 2024年6月1日 (土) 19:25
    加護亜依さんの復活を願って応援しているファンも多いはず。頑張って欲しいですね。

    1 冬月記者 ★ :2024/06/24(月) 20:04:10.10 ID:4DOOT/Qt9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c14cbaaf7d933c80c792de5142733fdd7298c832

    「昔トップアイドルだったのに」加護亜依、300枚のチケットが完売せず ライブ2日前に弱音「イメージが悪すぎる」

     元モーニング娘。でタレントの加護亜依の単独ライブに『ABEMAエンタメ』が密着。ライブ2日前に席数300のうち100枚のチケットが売れていないことを22日放送回で明かした。

     加護は「ライブチケットが売れてません」というタイトルでYouTube動画を公開し、ネット上で大きな話題を集めていた。チケット代はSS席が1万6000円、S席が1万2000円、通常席が7000円だった。

     ライブの本番を2日後に控えた加護は、「ライブ会場の席数300のうち、100枚のチケットが売れていないんです。『加護亜依って人気ないじゃん』と思ってる。昔トップアイドルだったのに、そんなのおかしい(笑)」と、変わらぬ明るいキャラクターをのぞかせるとともに、「スカスカになってしまうかもしれないと思うと、本当にショック。何が何でもチケットを売らなきゃという気持ち」と焦りをあらわに。

     また、「『憧れていました』とか『ずっと大好きでした』とか本当にたくさん言われるんです。だけど、ライブには来てくれない。どうして?と考えた時に、私のイメージが悪すぎるんだと思った。本当は悪い子じゃないのに、いろんなことが起きるから悪い子みたいに思われちゃうんです」と複雑な心境を吐露した。

     度重なるスキャンダルが報じられるたび、同時期にモーニング娘。に加入し、ユニットでもともに活動した辻希美と比較するコメントが寄せられることも。


     これらの声に対し、加護は「仕方ないですよね、私たちは“ニコイチ”だから。でも、私たち自身は比べたことはない。1人1人みんな人生は違う。『のんは順風満帆でいいな』と思うことも多少はあるけど、私も超幸せに生きている。そんな風に思わないで欲しい」と語った。

     ついにライブ当日を迎え、その本番直前にチケットの売れ行きを発表。売れ残っていた100枚中60枚が売れたという結果が伝えられると、加護さんは「ウソ!?」と驚きの声。

     そして、すぐさま「次回は完売できるように、今日のライブは『また行きたい』と思ってもらえるようなものにしたい」と背筋を伸ばした。

     また、加護は「昔は大きい会場でやらせてもらっていて、そこはステージと客席が遠いから緊張はあまりしなかったけど、今はお客さんがすぐそこにいたり、ファンの人の声が届きやすくなったりした。そういう意味では今の方が緊張しますね」と語り、ステージへ向かった。

     モーニング娘。の大ヒット曲や現在の加護のメッセージが込められた楽曲などを披露し、ライブは大盛況のうちに幕を閉じた。ライブを終えた加護は「お客さんがたくさん来てくださって、本当にうれししかった」と充実の表情。

     続けて、「歌はいろんなことを思い出させてくれたり、メッセージになったり、出来ることがたくさんある。私も歌にすごく助けられているので、これからも歌い続けたい」と今後の展望を語り、「私が歌ったり踊ったりして、体力的に頑張れるのはあと10年もないと思っている。あまり時間がないので、一生懸命頑張って突っ走る」と笑顔を見せた。

     また、ライブ会場には長女のみなみちゃんと長男のよしつぐくんの姿が。みなみちゃんは母・加護がどんな存在なのか聞かれると、「ママはどんくさくて不器用だけど、寝る暇を削ってまでお弁当とか作ったりしてくれるから、最高のママだと思います。いつも友達に自慢してる」と語り、加護も家族の存在を「活動の源。自分の一部だからです」と目を細めた。

     最後に波乱万丈な人生を歩み続ける加護に「今、幸せですか?」と質問が飛ぶと、「マックス幸せです。自分が頑張ってきたことに何一つ無駄がないからです」と胸を張った。

    【加護亜依、ライブチケット完売せずに弱音「昔のトップアイドルとしてのイメージが悪い」】の続きを読む


    杉田 かおる(すぎた かおる、1964年11月27日 - )は、日本の女優(元・子役)、タレント。結婚前本名、橋本 薫(はしもと かおる)。所属事務所はオフィスPSC(2019年10月1日より)。2020年1月22日からYouTubeチャンネル『杉田かおるのオーガニックヘルスリテラシー』でYouTuberとしての活動も開始している。…
    58キロバイト (7,285 語) - 2024年6月13日 (木) 08:24
    杉田かおるさんのコメントにはちょっと納得してしまいますが、岩井さんの意見ももっと広がりを持っていて興味深いですね。

    1 muffin ★ :2024/06/24(月) 15:29:32.34 ID:oEuPWUUo9
    https://sirabee.com/2024/06/24/20163304820/
    2024/06/24 15:15

    24日放送『ぽかぽか』(フジテレビ系)で女優・杉田かおるが「男性は若い女性が好き」と改めて気づいたと言及。番組MCのハライチ・岩井勇気が持論を展開し、大きな話題を集めている。

    ハライチ・岩井と澤部佑、フリーアナウンサー・神田愛花がMCを務め、ゲストとさまざまな企画、自由なトークを展開する同番組。

    この日は元天才子役の女優・杉田と斉藤こず恵がゲストで、オープニングトークでは「最近へぇ~と思ったこと」を出演陣がそれぞれ発表していく流れに。
    杉田は「男は若い女が好き」だと最近改めて気づいたと明かし、スタジオをザワつかせる。
    澤部が「たどり着きました、そこに?」と笑いながら尋ねると、杉田は「最近、これうちの主人なんですけど…あの、やっぱり年が6歳下だから安心してたら、やっぱり若い女の人が好きなんだと思った」と言及。湘南在住の杉田は「湘南の人達、自分が歳取ったおじさん達のサーファーとかもやっぱり若い女が好きなんですよね」と力説していく。

    「なにでわかったんですか」と聞かれ、「やっぱりね、全然違うんですよ態度が。テンションも違うし、全然もうなんか目も見てくれない」「ホントに若い女の人好きなんだなって…いまさらながらちょっと気づいちゃって」と杉田は苦笑する。

    ここで岩井は「そうか、でもそんなことないと思いますけど」と同説に異論を唱えたが、2023年に18歳年下・当時19歳(現在は20歳)だった女優・奥森皐月と結婚しているため、澤部が「嫁、ハタチ」と猛ツッコミを入れスタジオは爆笑に包まれた。

    岩井は笑いながら「好きになった人が若かったの。若いから好きになったんじゃない」と解説。「気をつけて」と注意された澤部は「ごめんごめん、強めに叩いちゃった、頭」と笑顔で謝罪していた。

    この一連のやりとりに視聴者も反応。
    全文はソースをご覧ください

    【杉田かおるが語る「男性はやっぱり若い女性が好き」にハライチ岩井が異論!】の続きを読む


    円 (通貨)のサムネイル
    (えん)は、日本国の法定通貨の通貨単位。通貨記号は¥(記号)、ISO 4217による通貨コードはJPY。旧字体では圓、ローマ字ではyenと表記され、しばしば日本(にほんえん、にっぽんえん)ともいう。 通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律(昭和62年法律第42号)により「通貨の額面価格の単位…
    45キロバイト (4,332 語) - 2024年6月6日 (木) 19:42
    このニュースを聞いて本当に残念です。円の価値がさらに下がったことが今後の経済にどんな影響を与えるのか心配です。

    1 蚤の市 ★ :2024/06/24(月) 10:36:06.61 ID:ZvdTeunl9
     円安進行や長年のデフレを受け、「円の実力」の低下が一段と際立っている。国際決済銀行(BIS)が公表している世界64カ国・地域の通貨の実力を示す指標で、円の下落幅が最も大きい状態が続いている。生活に必要な食料やエネルギーの原材料の多くを輸入に頼る日本にとって、負担感が増大している状況と言える。

     BISが公表しているのは「実質実効為替レート」(2020年=100)と呼ばれる指標。「ドル・円」など2国間の通貨の交換比率を表す為替相場とは異なり、物価水準や貿易量などを基に通貨ごとの総合的な購買力を測る。

     例えば円安・ドル高になると米国の商品購入に多くの円が必要になり、円の購買力は低下。円の実質実効為替レートは下落する。中国の物価が上昇すれば中国の商品購入に多くの円が必要になり、円の実質実効為替レートは下落する。

    1970年代より低い水準
     BISが毎月公表している統計によると、5月の円の実質実効為替レートは68・65。1ドル=360円の固定相場制だった1970年代前半よりも低い水準で、過去最低を更新した。国・地域別に比較すると、2番目に低かったのは中国の人民元だが、その数値は91・12で日本円と比べ下落幅は小さい。基準年の20年と比べ、通貨の実力が円だけ3割以上落ち込んでいる状況だ。

     実質実効為替レートの下落は、輸出中心の自動車メーカーや海外事業に投資する商社にもプラスに働く。米国債など外貨建て資産を持つ個人にも追い風となるが、一般的な家計にとっては輸入品を買う際に、値上げなどを通じてより多くの円が必要になり、マイナスとなりやすい。

     みずほ証券の小林俊介チーフエコノミストは「身近な海外の食料品が買いにくくなるほか、輸入に依存するエネルギーや半導体、通信機器など多方面で負の影響がある」と指摘する。

     円の実力低下はここ数年だけの話ではない。00年以降の主要20カ国・地域(G20)の実質実効為替レートの騰落率を調べると、日本円は57・88%の下落だった。アルゼンチン(72・76%下落)よりは下落幅は小さかったが、G20の中で19位だった。上位は、1位ロシア(63・43%増)▽3位中国(23・7%増)▽5位インド(16・62%増)――などで、新興国グループ「BRICS」の国々が目立った。

    海外の物価上昇など影響
     円の実力低下は複数の要因が重なって起きている。ニッセイ基礎研究所の上野剛志上席エコノミストは主な背景について、①米欧の中央銀行による急ピッチの利上げで生じた外貨高圧力②円安圧力③日本を上回る海外の物価上昇――の三つを指摘する。

     円安圧力については「企業の生産拠点の海外移転や化石燃料頼みの経済構造などで、日本は(円安要因となる)貿易赤字が定着しやすい状況。成長力が低く、日銀による利上げ余地も限定的で海外との金利差が開きやすい」と説明。円の実力を高めるには、「いかに経済構造を転換できるかが問われる」と指摘する。【浅川大樹】

    毎日新聞 2024/6/24 05:00(最終更新 6/24 10:06)
    https://mainichi.jp/articles/20240623/k00/00m/020/081000c

    【「円の実力」が過去最低を記録!64カ国・地域で暴落】の続きを読む

    このページのトップヘ